Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食材の保存の仕方

食材の保存の仕方

簡単に保存方法を紹介します

肉、魚・・・・小分けして冷凍、
       味付けして冷蔵あるいは冷凍

葉物野菜・・・新聞紙を湿らせてくるみ、ポリ袋に入れ冷蔵庫へ

実野菜・・・・乾いた新聞紙にくるみ、ポリ袋に入れ冷蔵庫へ。

根菜・・・・・ネットに入れ風通しのよいところへ置く、または吊るす

畑で育った姿に近い恰好で保存すると持ちが違います。
冷蔵庫の中に牛乳パックをしきりに使って、縦に保管

果物と一緒にしない。必ずポリ袋にいれて分けましょう。 

   果物から出るエチレンガスが野菜の傷めを早めます
   バナナやキウイィなどの熟成を促すにはエチレンガスが逆に役に立ちます
   じゃがいもはエチレンガスによって発芽が抑制されます

スポンサーサイト

野菜の賢い保存方法  れんこん

野菜の賢い保存方法  れんこん


表面の泥を落とし、

少し乾燥させてから

新聞紙にくるみ、

冷暗所で保存します。

朝穫り新鮮 産地直送無農薬野菜


新鮮野菜の定期宅配(入会金無料・年会費無料)


2400円相当の無農薬野菜が1500円『お試しセット』

くわい あくの取り方、保存方法

くわい

あくの取り方保存方法


おせち料理によく使われるくわいは、11月末から年末にかけてが最盛期。
その形状から、目(芽)が出ると云われ縁起物として広く使われます。

くわいの主成分はでんぷん。
タンパク質もおおく、芋類の4~5倍は含まれており、
野菜の中ではトップクラス。

また、ビタミン、ミネラル類を含む栄養バランスの良い野菜です。

くわいは、含め煮にするのが一般的で、芋のような食感が楽しめます。

あくが強いので、水にさらしてからゆで、
さらに令水に浸けてえぐみを取ります。

煮くずれしやすいので、煮る時にぐらぐらに立てないのがコツです。

また、薄切りにして油で揚げてチップスにしても楽しめます。

選び方:整った形状で、色ツタがあり、芽が完全に出ている小振りの物。
    色つやが良ければ、芽落ちしても大丈夫。

保存の仕方:新聞紙に包んでポリ袋に入れ、
      冷蔵庫で保存するか、水に浸して冷暗所に置く。

野菜の賢い保存方法 長ネギ

野菜の賢い保存方法 長ネギ


長ネギ


新聞紙に包んで光の当たらない場所に保存。

使いかけはラップにくるみ冷蔵庫で保存しますが、

2~3日で使いきるようにします。


お鍋のおいしい季節です。お鍋の最後に大澤屋の水沢うどんを入れて。

野菜の賢い保存方法 ほうれん草、小松菜

野菜の賢い保存方法 ほうれん草、小松菜


ほうれん草、小松菜

濡れた新聞紙に包み、ポリ袋に入れて冷蔵保存。

冷凍保存する場合は、固めに茹で、固く絞ってラップで包みます。

小分けに冷凍する方が使いやすくお奨めです。

お鍋のおいしい季節です。最後に大澤屋の水沢うどんを鍋に入れて

野菜の賢い保存方法 三つ葉

野菜の賢い保存方法 


みつば:


乾燥させると香りが飛んでしまいます。

パックのまま冷蔵庫に入れるか、

パックから出して新聞紙に包み、

ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。






野菜の賢い保存方法 キャベツ

野菜の賢い保存方法 


キャベツ:


芯の部分は痛みやすいので、包丁で芯を取り除き、

ラップにくるんで冷蔵庫へ。



みりんを変えたら煮物が美味しくなった!

料亭で使われる本格派「福来純三年熟成本みりん」━白扇酒造

Appendix

便利キッチングッズ

■キリキリキリン グッチ祐三

■むいちゃいマウス グッチ祐三

■ロブトング グッチ祐三


Google

プロフィール




今日のお勧め献立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。